体内の細胞内に存在するもの

抗酸化サプリメントを最近アンチエイジングのために摂取する人が増加しています。どんな成分を配合したサプリメントが、抗酸化サプリメントなのでしょう。人が年を取ると老化するのは、体の中に活性酸素がふえるためです。抗老化作用とは、活性酸素を減らすことで老化を予防することで、美容や健康の視点がも関心が深い分野です。抗酸化力を持つ成分を含有したサプリメントは、アンチエイジングに良いとして活用されています。抗酸化力の高い成分いえば、コエンザイムQ10やアスタキサンチン、レスベラトロールなどがあげられます。サプリメントで摂取することで、錆びた体を元どおりにできるといいます。コエンザイムQ10は体内の細胞内に存在するもので、活性酸素を取り除き、エネルギー生産を助ける働きがあります。加齢と共に、体の中のコエンザイムQ10の量は段々と少なくなっていきますので、サプリメントで補って、抗酸化力の低下を防ぐといいでしょう。抗酸化力の高い成分としてニンジンやカボチャに含まれるβカロテンがありますが、アスタキサンチンの抗酸化力はその10倍です。強い紫外線を浴びても、活性酸素が増えすぎないようにする効果が得られます。レスベラトロールは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、赤ワインなどに含まれています。アンチエイジングに非常に効果があるといわれています。老化による体の衰えを緩和するために、ポリフェノール等の抗酸化物質を補給できるサプリメントを積極的に使っていくといいでしょう。

ミュゼ 柏